なた豆茶は便秘改善にも効果がありますか?

Q. 便秘になりやすく困っています。青汁やなた豆茶などが効果があると聞いて試してみようか考えています。

A. 便秘改善には青汁やなた豆茶に含まれる食物繊維が効果を発揮します。飲み続けることで便秘の症状が改善される可能性があります。

食物繊維の効果

  • 便の量が増える
  • 腸内の有害物質を排出する
  • 善玉菌を増やし悪玉菌を減らす
  • 大腸の動きを活発にする(蠕動運動)

食物繊維が少なくなるとこれらの機能が低下し、便秘の原因になります。
また、悪玉菌が増えてしまうことで腸の動きが鈍くなり便秘をさらに悪化させてしまいます。

便秘には大きく分けて6つの原因があります。

virus_benpi

便秘の原因

  • 食物繊維不足
  • 運動不足
  • ストレス
  • 腸内環境
  • 水分不足
  • 病気や薬

これら6つの中でなた豆茶が効果を発揮するのが「食物繊維不足」「腸内環境」「水不足」の3つです。

 

なた豆茶と食物繊維と便秘

「食物繊維不足」「腸内環境」「水不足」の3つの原因に対してなた豆がどのように効果を発揮するのかを紹介していきます。

 

食物繊維不足による便秘

日本人に多いとされるのが食物繊維が不足することによる便秘です。

野菜を食べることが減り、多くの人が1日の摂取量目安の半分も摂れてないという研究もあります。

食物繊維を多く含む野菜をたくさん食べることが改善するための第一歩ですね。

 

なた豆茶にも食物繊維が含まれていますが、なた豆に含まれるものは水溶性なので食物繊維の不足が原因の便秘には直接効果がありません。

なた豆は「腸内環境」「水不足」に効果を発揮します。

 

2種類の食物繊維

食物繊維には水溶性と不溶性の2種類が存在します。

水溶性食物繊維

水に溶けやすい。水分保持力が強く水に溶けるとドロドロとしたゲル状になります。
水溶性食物繊維には調整作用があり、悪玉菌を減らし善玉菌を増やす効果があります。

また、コレステロールの吸収を抑える効果もありダイエットにも効果的です。

不溶性食物繊維

水に溶けない。水分を吸収し大きく膨らみ、便のかさ増しや腸を刺激して蠕動運動を活発化したりなどの効果があります。

便秘には不溶性食物繊維がいいとされていますが、水溶性食物繊維とバランス良く摂らないと逆に便が硬くなってしまうこともあります。

 

腸内環境が原因の便秘

腸内環境が便秘の原因となっている場合、健康な腸を取り戻すことによって便秘が解消されます。

body_chou_kin

食生活の乱れなどで腸内で善玉菌が減り、悪玉菌が増えると腸の動きが鈍くなり便秘を引き起こしてしまいます。

腸内の環境を整えるためには水溶性の食物繊維が役立ちます。悪玉菌をやっつけ善玉菌を増やしてくれるので、腸を綺麗に健康にしてくれます。

水溶性食物繊維を含む野菜を多く摂ることで、便秘を改善することができます。

もちろんなた豆茶にも多く含まれているので、飲み続けることで腸内環境がよくなり、便秘を解消することができます。

 

水分不足が原因の便秘

水分が足りないと便がカチコチに硬くなってしまうのは想像がつくでしょう。

便の量が少なかったり、硬い時には水分不足が原因かもしれません。

この便秘を解決するにはとにかく水分を多く摂るよう心がけることが大切です。

 

女性の方はなた豆茶がおすすめ!?

水分不足の原因は気がつかないというのもあれば、むくみが心配であまり飲まないという女性もいるでしょう。

たしかに女性は男性に比べてむくみやすいです。なので体型が気になる女性はあまり水分を多く取りたくない方もいるでしょう。

そんな方におすすめなのが「なた豆茶」です。

drink_mugicha_pot

なた豆茶にはデトックス作用や、むくみ防止作用があります。

なので普段飲むお茶をなた豆茶に置き換えれば、水分不足対策&むくみ対策と両方の問題を解決することができます。

また、なた豆茶にはダイエット効果などの様々な効果があり健康的な体も作ることができます。

 

便秘に悩んでいるのであれば、食物繊維を含むなた豆茶を飲んでみる価値はあると思います。

当サイトのイチオシなた豆茶↓↓

なたまめ茶

 
 
%e3%81%aa%e3%81%9f%e8%b1%86%e8%8c%b6%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%af

-効果・効能