なた豆茶はいぼ痔や痔ろうに効果がありますか?

Q. 痔になってしまいました。しかし、恥ずかしくて病院には行きたくありません。
なた豆茶が痔に効くと聞いて試してみようと考えています。なた豆茶は痔に効果がありますか?

A. なた豆茶は痔の症状を緩和・改善するのに効果があるとされています。

virus_benpi

頻繁に再発したり重症なのであれば病院に行くことをお勧めしますが、軽度のものであればなた豆茶を飲むことで完治することも可能です。

恥ずかしくて誰にも言えない

病院に行くのも恥ずかしい

トイレに行くのが痛くて怖い

早くどうにかしたい

痔になると多くの人が悩みを持つと思います。

なた豆茶を飲み続けることでこんな悩みを解消できるかもしれません。

 

なた豆茶と痔の関係

なた豆茶が痔に効果があるというのは古くから知られています。

なた豆茶の原材料のなた豆には様々な有効成分が含まれており、痔はもちろん蓄膿症やニキビなど膿が原因となる症状や肝臓や臓機能にも効果を発揮します。

 

痔瘻(痔ろう)となた豆茶

痔瘻(痔ろう)とはろう菅という肛門の内外をつなぐトンネルができてしまう症状です。

下痢などによって肛門の組織に細菌が入ってしまうことで痔ろうになってしまいます。
傷があったりや免疫力が弱っていると感染し、化膿しやすいです。

なた豆茶には膿を取り出すこう効果があり、痔ろうによって化膿し、溜まってしまっている膿を外に排出する働きをサポートしてくれます。

しかし、痔瘻は自然に治癒することが難しいため、医師への相談が必須となります。

恥ずかしいかもしれませんが、放っておくと肛門癌の原因にもなりかねませんので、早めに医師に相談しに行くことをお勧めします。

 

いぼ痔となた豆茶

いぼ痔は外痔核と内痔核という2種類があり、どちらも排便時に力みすぎたり、便秘で硬い便が出ることで肛門の粘膜を傷つけることで炎症が起き、イボができてしまいます。

また座りっぱなしや立ちっぱなしなどでうっ血することが原因にもなります。

いぼ痔は生活習慣を改善することで治るケースがほとんどです。

うっ血が原因となるので、血流が悪くならないような対策をとること。なるべく便秘にならないようにし、便が硬くならないような工夫をすることが大切です。

なた豆には炎症を抑える効果があり、いぼ痔の炎症を抑えることができます。

また、なた豆に含まれる有効成分には血行促進効果や便秘改善効果のあるものが含まれています。

なた豆茶を毎日継続して飲むことで便秘予防や血行の促進をすることができ、いぼ痔の予防・改善につながります。

 

 

切れ痔となた豆茶

切れ痔(裂肛)は肛門が避けている状態です。

切れ痔の原因は便秘などで便が硬くなり肛門を傷つけてしまうことや、下痢などによって肛門の粘膜を傷つけてしまうことが挙げられます。

切れ痔にならないために重要なことは便秘にならないことです。

なた豆茶には便秘改善効果がありますので、いぼ痔だけでなく切れ痔も予防することができます。

またなた豆茶には食物繊維も入っているので腸の動きを活発にし、便を出しやすい体を作るのにも役立ちます。

 

飲むだけじゃないなた豆

なた豆茶は飲むことで体の内側から痔になりにくい体へと改善してくれます。

しかし実は、飲む以外にも痔に効く方法があるんです。

なた豆茶をガーゼなどに染み込ませんて直接患部に塗ることでなた豆の効果が直接作用し、痔の症状を早く収めることができます。

この方法であれば使ったティーパックを捨てずに、さらに活用することができるので一石二鳥ですね。

なた豆茶以外にもなた豆入浴剤というものがあります。

ofuro_nyuyokuzai_woman

なた豆入浴剤はなた豆の成分を含んだもので、入浴剤をいれたお湯に浸かることで成分が直接患部に作用し、症状を和らげることができます。

 

なた豆茶と痔まとめ

なた豆茶は様々な症状の痔に作用し、その症状を改善・予防をすることができます。

もし痔に悩まされているのであれば、なた豆茶を試してみてはいかがですか?

当サイトのイチオシなた豆茶↓↓

なたまめ茶

 
 
%e3%81%aa%e3%81%9f%e8%b1%86%e8%8c%b6%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%af

-効果・効能