なた豆茶が花粉症・アレルギー性鼻炎に効くって本当ですか?

Q. 花粉症・アレルギー性鼻炎が辛くて悩んでいます。
薬も服用していますが、なた豆茶も取り入れてみようと考えています。なた豆茶は花粉症に効果がありますか?

A. なた豆茶は花粉症の症状を緩和・改善するのに有効です。

 

なた豆茶を飲み続けてことでたくさんの花粉症やアレルギー患者の方が症状が改善されたという口コミや体験談などもあります。

花粉症になると・・・

natane1-300x300

鼻がムズムズする

ティッシュが手放せない

鼻をかみすぎて赤くなった

くしゃみが止まらない

目がかゆい

など様々な辛い症状に悩まされます。

日本人の2割以上がこの花粉症に悩まされており、多くの人が辛い思いをしています。

花粉症やアレルギー性鼻炎で悩んでいる方はなた豆茶を飲むことでその悩みを解決できるかもしれません!

 

花粉症のメカニズム

花粉症は杉やヒノキなどの花粉が原因となるアレルギー性鼻炎の1つです。

hay_image02

スギ、ヒノキ、ブタクサなどの花粉は体にとって異物であり、アレルゲンと呼ばれます。

このアレルゲンである花粉が体の中に侵入すると、リンパ球が花粉を侵入者と認識し、体外へ排出しようとします。

侵入者を感知するとリンパ球は「IgE抗体」という抗体物質をつくり、花粉はこの抗体と結合し外へ排出しようとします。

このとき、目や鼻の粘膜はヒスタミンと呼ばれるアレルギー反応を引き起こす化学物質を分泌するためくしゃみや鼻水といった症状がでます。

くしゃみや鼻水によって花粉を洗い流すといったイメージです。

 

花粉症の人が増えているワケ

近年、花粉症患者が増加傾向にあります。
あなたやあなたの周りでも、今まで平気だったのに・・・という人がいるかもしれません。

その理由として5つのことが挙げあられます。

 

杉の増加

花粉症のかでもメジャーなスギ花粉を飛ばす杉の木が最近は増加しています。

以前は建築材料として活用されてきましたが、最近では別の木材が重宝されるようになり杉の木が切り倒されることが減りました。

そのためたくさんの杉の木が放置されているので、花粉の量が増加しています。

 

ストレス社会

ストレスがかかると自律神経が乱れ、花粉症になりやすくなってしまいます。

 

大気汚染

排ガスに含まれる微粒子が原因となりアレルギーが起こる場合があります。

 

食生活

以前より食の欧米化が進み、高タンパクな食事が増えました。
高たんぱく質な食事はアレルギーを引き起こしやすくなります。

 

ビルやマンション

コンクリートの建物が増え通気性が悪くなったことでダニやホコリなどのハウスダストがたまりやすくなり、それによってアレルギーを引き起こすケースも増えています。

 

花粉症は薬では治らない!?

花粉症になると多くの人は耳鼻科に通い、内服薬・点鼻薬・目薬などを処方してもらうはずです。

最近ではアレグラやザイザルなどの薬は薬局でも買えるようになり、使用する人も増えています。

花粉症の人にとってはこれらの薬は手放すことができませんよね?

辛い鼻水やくしゃみ、目のかゆみから解放してくれます。

しかし、これらは炎症に対して一時的に作用するものであり、治療するものではないということに注意が必要です。

即効性はありますが、使い続けなければならず使っているうちに効果も薄れてきます。

花粉症を解消したいのであれば、体質を改善してく必要があります。

 

なた豆茶で花粉症を緩和・改善

花粉症は免疫の誤作動によってアレルギー反応が起こり、鼻水やかゆみといった炎症となって現れます。

そのため花粉症を改善・緩和するためには炎症と免疫の2つに作用することがカギとなります。

なたまめ茶にはこの鍵を握る2つの成分が含まれているため花粉症改善に有効です。

 

炎症を抑えるカナバニン

なた豆にはカナバニンという成分が含まれています。

カナバニンには抗炎症作用と血行促進作用があり、鼻のむずむずや目のかゆみを抑えるとともに鼻の腫れを解消し、鼻通りをよくしてくれます。

 

免疫に作用するコンカナバリンA

なた豆にのみ含まれるコンカナバリンAという有効成分は、免疫改善作用があります。

コンカナバリンAを摂取することで、花粉に反応し誤作動している免疫を正常に戻し、花粉症を改善することができます。

 

なた豆茶を飲みこの2つの有効成分を摂取することで、症状の緩和・アレルギー体質の改善をすることができ、結果的に花粉症を解消することができます。

 

なた豆茶はどれくらい飲めば効く?

なた豆茶は薬ではなく、健康茶ですので漢方のようなものです。

そのため即効性はありません。

薬などは遅くても半日くらいで効果を得られますが、なた豆茶は最低でも1ヶ月、だいたい3ヶ月くらいが効果を得られる目安です。

効果が出るまでは時間がかかりますが、なた豆茶には薬にはない体質改善の効果も得ることができます。

Q. 薬と併用はできますか?

A. なた豆茶は薬と併用しても問題ありません。

 

もし、今花粉症やアレルギーの症状で悩んでいるのであれば、薬で症状を抑えつつ、なた豆茶も生活に取り入れ体質改善も並行して行っていくというのがいいかもしれません。

 

当サイトのイチオシなた豆茶↓↓

なたまめ茶

 
 
%e3%81%aa%e3%81%9f%e8%b1%86%e8%8c%b6%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%af

-効果・効能