なた豆茶は高血圧にも効果的?飲むと血圧が下がるって本当ですか?

2016/10/15

Q. 高血圧予防になた豆茶を飲んでみようと考えています。効果はありますか?

A. なた豆茶を飲むことで血圧を下げることが可能です。

metabolic_manのコピー

ポテトチップスやファストフードなどカロリーの高い食べ物を摂取ることが多くなった現代では、高血圧が心配されることも多くなりました。

メタボリックシンドロームというのも肥満をベースに高血圧や高血糖などが重なったことを言います。

高血圧を放置していると動脈硬化を促進し、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など様々な重大な病気につながります。

重大な病気にならないためにもコレステロールなどを抑え、血圧を正常値に保つことが重要になってきます。

そして、血圧を保つのに役立つのがなた豆茶です。

 

なた豆茶はノンカフェイン・ノンカロリー

なた豆茶はなた豆を原材料とする健康茶で、コーヒーや紅茶のようにカフェインやカロリーが含まれていないので、本当に体にいいお茶です。

ノンカフェイン・ノンカロリーなので血圧が高い人や糖尿病を患っている方でも飲むことができます。

 

なた豆茶が血圧を下げるの?

高血圧と密接に関係しているのが腎臓や肝臓の臓機能です。

これらの臓器がしっかりと働いていないと余分な塩分や水分を排出することができなくなり、さらに血圧が上がるという負のスパイラルに陥ります。

なた豆は腎臓や肝臓に効果があるため、こうした負のスパイラルに陥らないように臓機能をサポートしてくれます。

 

なた豆に含まれる「ウレアーゼ」

なた豆には「ウレアーゼ」という酵素が含まれており、このウレアーゼが腎臓の機能を手助けします。

ウレアーゼは尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解する作用のある酵素で腎臓でもウレアーゼが働いています。

なた豆茶を飲むことで腎機能が活性化され血圧が上がるのを防いでくれます。

 

なた豆に含まれる「カナバニン」

なた豆には「カナバニン」という血行をよくする働きや血液や体液を浄化する作用をもつ有効成分を含んでいます。

カナバニンを摂取することでコレステロースの吸収が抑えられ、血をさらさらにしてくれます。

 

なた豆に含まれるカナバニンやウレアーゼを摂ることで、腎臓肝臓の働きが活性化し血圧の低下につながるということです。

 

生活リズムや食生活の改善とともになた豆茶も継続底に飲むことで血圧を下げることができます。

また、普段から飲むことで免疫力が高まるので高血圧の予防だけでなく風邪などをひかない強い体を作ることもできますね!

 

おすすめは「伝統爽快なた豆茶」です。

1杯あたり30円ととても安く飲むことができ、さらに今なら期間限定でお試しモニターキャンペーンを行っています。

今なら、通常なら1460円も安く購入することができます。

 

モニターキャンペーンは期間限定ですので購入は早めがオススメです!


当サイトのイチオシなた豆茶↓↓

なたまめ茶

 
 
%e3%81%aa%e3%81%9f%e8%b1%86%e8%8c%b6%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%af

-効果・効能